<< タイマッサージの誕生 | main | タイマッサージの基本理論(プラーナとセン) >>

タイマッサージの歴史

 タイには、今から2500年程前に、仏教の僧侶たちがインドからタイに移り住む形で、仏教が伝来したが、マッサージの技術もこれと同時に伝わった。その後、1292年に当時の国王ラマ・カムヘン王(Rama Khamheng)によって小乗仏教の一派であったテラヴァータ仏教が国教として定められ、タイ医学は仏教との深いかかわり合いを持ちながら、ワットと呼ばれる寺院で保護されながら発展していくことになる。
 タイは仏教の国として知られているが、当時は、もちろん、テレビや新聞もなく、「ワット」と呼ばれるタイの仏教寺院が、庶民のコミュニケーションの中心地だった。「ワット」は仏教の教えを学ぶ場であるのと同時に、マッサージ法を学ぶ場でもあったのだ。西洋医学が流入する以前には、病気の家族を手当てするために、人々は僧侶にマッサージの手法を相談して治療を行っていたのだ。こうして長い年月をかけて母から子へ、師匠から弟子たちへと口頭で伝えられ、数百年も病気の治療法として、臨床的に実践されながら、タイのマッサージは発展した。
当時の医学書はヤシの葉に記され、仏教の経典のように大切なものとして、当時アユタヤ王朝に保管されていたが、1767年のビルマ軍の侵攻によって壊滅に追い込まれた。医学書のみならず、経典や政府の記録までもが、ほとんど全て失われてしまった。このため17世紀以前の資料は現存していない。
 その後、タイ国王ラマ3世によって、1837年にわずかに残った医学書はバンコクのワット・ポーで石碑に刻まれ、よみがえることになった。これらの記録には、人体を流れるエネルギーライン「セン」が描かれ、前面 図、背面図合わせて60枚の石碑に刻みこまれた。これらの歴史的資料は、現在でもワット・ポー(プラ・チェトゥフォン王立寺院)の敷地内の壁にはめ込まれ、私たちも目にすることができる。
このようにタイマッサージは、仏教と深い関係を持ちながら発展してきた。マッサージをする前に「ワーイ」と呼ばれる合掌を行い、健康と幸せに祈りを捧げるが、これも寺院で発展を遂げた名残なのである。そこには、ただ気持が良くなり、健康になるだけでなく、相手を思いやるという仏教の教えが込められている。
 仏教の教えの中で、「マッサージは4つの心で行え。」とある。その4つとは、親切心(loving kindness)、哀れみ(compassion)、他人の身になって喜ぶ(vicarious joy)、心の平静(equanimity)、です。タイでは、こういった奉仕の精神が仏教を通 して教えられ、こういった背景の中でタイ医学は営利主義から守られてきたのだ。こういった理由から、タイマッサージは仏教の寺院の行事として、社会奉仕の一環として行われてきたものなのである。しかし、西洋医学の進歩と反比例に、寺院の役割からは、健康面の役割は次第になくなり、タイマッサージは暗黒の時代をさまよい続けた。しかし、今日世界的に東洋医学が見直され、タイ国内においても、「タイマッサージリバイバルプロジェクト」がおこり、マッサージは健康に非常に効果的な方法として、西洋医学との両立が考えられるようになった。21世紀を迎え、新たなタイ医学への取り組みが始まったばかりなのである。
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
gambling directory
a_Ya__a_ォ訐・a__a_Ta_ra_ァa,^a,_a_-a__a_S鬘~a_,a_-a__a_Ta_,
  • gambling directory
  • 2006/12/08 9:58 AM
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM