<< リラクゼーションサロンの市場規模 | main | あんまマッサージ指圧師・国家資格の歴史 >>

国家資格を持たなくても営業できる!

リラクゼーションサロンは、国家資格を持たなくても営業が可能。あんまマッサージ指圧師や柔道整復士など、日本の国家資格を保有することで、「診断」→「治療」という医療疑似行為(マッサージ業)ができるようになる。逆に考えれば、「癒し」を提供するのみで「診断」や「治療」を行わないなら、国家資格はい要らない。もちろん、営業内容はマッサージ業ではなく、接客サービス業という扱いだが、整体やカイロプラクティック、リフレクソロジー、アロママッサージなども、民間資格のリラクゼーション業界に入る。みんなそれで立派にやっている。 保健所などに問い合わせをしてみても、明確な答えは返ってこない。民間資格は、管轄外だとの理由からだ。実際に問い合わせをしてみると、こんな会話になることがしばしば。「タイマッサージのサロンを開業しようと思っているのですが。」と聞くと、「マッサージですか。国家資格をお持ちでないとマッサージの治療院は営めません。」と返ってくる。それでは、「マッサージ業でなく、あくまでリラクゼーションを目的としたサロンなのですが、国家資格でないので、サロンを開業できないのですか?」と質問すると、「こちらでは管轄外になりますので、わかりません。」という答えになる。
このリラクゼーション業界は「グレーゾーン」とも呼ばれている。その理由はこのあいまいさにある。現在の法律では、白でもなければ黒でもない、そうした中途半端な扱いなのだ。しかし、需要に支えられて急速に加速するリラクゼーション業界、ほとんどのサロンは届出しないまま営業をしているのが実情。もしも、将来的に法改正があったとしても、そこには「既得権」というものが存在する。すでにそれで生計を立てている人が全国に数万人もいるのだから、国もそう簡単に営業権を奪うことはできない。もしもそんなことがあれば、経済的な混乱や暴動をも招きかねない。

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM