<< さまざまな独立開業スタイル | main |

ビジネス街サロンと住宅街サロン

 ひとつの例として、これらの比較をしてみよう。立地条件が異なることで、さまざまな違いがあるものだ。立地が違えば、まず人の流れが違う。しかし、同じ広さのサロンを借りるとして、家賃の違いも大きい。住宅地よりもビジス街のほうがはるかに家賃が高い。それだけで損益分岐点も違ってくる。客層の違いもある。ビジネス街では、ビジネスマンやOLなどが中心的な客層になるのに対し、住宅地では、近隣の住人が対象になる。だから、ピークの時間帯にも違いが出てくる。
 一般的にビジネス街では、比較的短いコースが中心の高回転型の経営となるし、住宅地では、一度帰宅した後の来店になるので、長いコースが中心になる。そうしたことからも、サロンの内装や外装などもどうするべきかがおのずと変わってくる。

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
今月登録完了で30万円分利用可能!
いつまでネット上に氾濫した情報に振り回されているのですか? 在宅ビジネスの決定版!長期的ビジョン構想のしっかりとした会社です。ご不要でしたらお手数ですが削除をお願いします。
  • 自動販売機的な継続収入を確保
  • 2006/11/24 4:31 PM
gambling directory
a_Ya__a_ォ訐・a__a_Ta_ra_ァa,^a,_a_-a__a_S鬘~a_,a_-a__a_Ta_,
  • gambling directory
  • 2006/12/08 9:58 AM
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM