<< タイマッサージの基本理論(プラーナとセン) | main | 10本のセンと適応症状 >>

「気」「プラーナ」はやはり存在する

 「気」とか「プラーナ」いう生命エネルギーは何だろう。うさんくさいものだと感じる方にもう少し詳しく説明しよう。「気」「プラーナ」は波動に現れる。波動というのは、つまり、振動のことだ。分子レベルにおいては、地球上の万物にはそれぞれある一定の振動があるということ。もちろん非常に細かい振動であるために目には見えない。しかし分子レベルでは振動を持っているのだ。そこいら辺の石ころにも、植物にも、人間にも波動がある。 たとえば、クォーツ時計というのがある。水晶時計のことだ。これは、電圧をかけると一定の振動が現れるしくみでできている。人体の波動に最も近い波動を持った水晶を利用して現在クォーツ時計が主流になっている。「気」の存在はすでに確認されているのだ。
 
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM