<< タイマッサージの歴史 | main | 「気」「プラーナ」はやはり存在する >>

タイマッサージの基本理論(プラーナとセン)

 タイ古式マッサージは、人体に「セン」と呼ばれるエネルギーラインが流れているという考え方の上に成り立っている。このセンは目に見えないもので、解剖学上確かめることはできない。このエネルギーラインの考え方は、古代インド医学(アーユルヴェータ)にも存在している。タイマッサージが、アーユルヴェーダの影響を受けていることはこのことからも明らかだ。 中国の経路にもこのようなエネルギーラインが存在する。これらは似通っていますが決して一致はしない。目には見えないけれども、確実に作用する力。それこそが不可思議なエネルギーであり、それが「気」である。東洋医学全般にこのような「気」の流れる道があるとされ、まさにタイ古式マッサージも東洋医学のひとつなのである。
 人間は、自分を取り巻く宇宙エネルギーと常にバランスを保ちながら、肉体や精神を維持している。呼吸によって吸収された空気や食事によって吸収された食物は、人体に入ってから生命エネルギー(プラーナ/気)に変わり、エネルギーラインを通 って全身に供給される。つまり、エネルギーラインは、自分と宇宙エネルギーを結ぶ掛け橋の役割をしているのだ。エネルギーラインは、10本のセンのほか、網の目状にめぐる気道72000本のナーディーを加えて「2番目の皮膚」「2番目の身体」として人体を形成している。たとえば、人間が具合が悪いという状態は、生命エネルギー(プラーナ)の供給が妨害され、不足した状態と考えられる。そこで、マッサージによってエネルギーラインに刺激を与え、生命エネルギー(プラーナ)の流れを正常にしていくというわけ。
 プラ−ナとは、サンスクリット語で「古い伝説」という意味。ヒンズー教の教えで神々を讃える内容のこと。インド医学では、体内に宿るエネルギーのことをこう呼ぶ。それは大きな活力を持ち、ときに激しく運動するというもの。このプラ−ナが渦巻きのように凝縮した場所をチャクラという。チャクラは輪とか車輪というサンスクリット語で、「意識エネルギーの中心」という意味。大脳から脊椎基底部の7ヵ所に存在する。チャクラは車輪に例えると、人間の生命は7つの車輪によって走る車ということになる。すべての車輪が絶えず回転し、人の生命を制御し進展させているという考え方だ。
 タイマッサージでは、エネルギーラインの中でも特に重要とされる10本の全身のセンを刺激するようにして施術を行う。「セン」というエネルギーラインの存在自体は、解剖学上確認できないが、現代では、「気」や「プラ−ナ」の存在も明らかになってきている。その存在は、波動という形で確認できる。

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM