今なお残るタイマッサージに対する偏見

 日本では、未だタイマッサージに対する偏見があるのも事実である。それは、「タイマッサージ=風俗」という考え方である。非常に残念なことだが、多くの中高年が誤解をしている。これは約20年前の日本のビジネスマン達が土産話を吹聴した名残なのである。当時は、タイの経済状況が低く、ホテルに滞在したビジネスマンがマッサージ師を部屋に呼ぶと、性的サービスをオプションとして誘われるケースが多発していたからなのだ。経済的に困難なマッサージ師が生活のために仕方なく行っていた性的オプションサービスが、誤解を生んでいる。現在も時々タイへ中高年の男性グループが遊びに行く光景を目にするが、ほぼ、ゴルフを兼ねた売春ツアーである。今なお勘違いしている人がいたら、その人をすけべじじいと思えばいいのだ。
 しかし、よく考えてみよう。偏見があるからこそ、ビジネスチャンスなのではないだろうか?本当にすばらしいものを世間が誤解しているのなら、「違うよ。誤解だよ。本当はこんなに素晴らしいものなんだよ。」と教えてあげること、それこそが、新しいことにつながる。だから、ビジネスチャンスなのだ。周りがやりだして、誤解が全く無くなってしまったら、それはきっと新しいものでもなんでもなくなる。そこにはチャンスは無い。

スパとデイスパ

 スパとは都心から離れたエリアにある大規模な滞在型温浴施設を言う。もともとはヨーロッパが発祥とされる。古代ヨーロッパでは、伝染病が蔓延し、皮膚病を患った患者や、戦いで負傷した兵士らを癒すために温泉入浴が盛んだった。治療に効果があるとされた温浴施設は、慢性的な病を治療するための保養地として次第に姿を変え、患者の長期滞在のための大規模な滞在施設とともに医者が常駐するようになっていった。その施設をスパという。スパの語源はラテン語の"スパゲーレ"で、「温泉施設における潤い」という意味を持つ単語である。もともとスパは医療という要素が強かったが、近年では、「スパ」をストレスケア、ビューティーケア、フィットネスジムなどの美容や健康増進のための施設名称として使われるようになってきた。
 デイスパとは、サービスを都会の真中で受けることができる施設の名称で、アーバンスパとも言われる。特にニューヨークや、サンフランシスコなどキャリアOL、エグゼクティブ達へのストレスケアとしてアメリカの都心部でブームになっている。最近では、東洋的要素(気、経絡、ツボ、チャクラなどのインド、中医学を取り入れたもの)を取り入れたメニューが話題である。精神的な安定を東洋のスピリチュアルなものに求めているようだ。代表的なメニューは、タイマッサージを始め、レイキヒーリング、ヨガ、アーユルヴェーダ、指圧、メディテーション、ロミロミ、ストーンセラピーなど。外面的な美しさや健康さではなく、内面的な心身のバランスをとる為のプログラムが中心で、疲労回復、リラクゼーション効果プラス外面的美しさ、健やかさの提供をコンセプトとしているデイスパサロンが世界的にも増えている。

世界中で定番的な存在だ

 タイではタイマッサージ店が乱立している。石を投げればタイマッサージ店に当たると言われるほど多く、その数は数千件にも及ぶのだ。タイの国土の面積は、51万4000km2、つまり日本の約1.4倍の広さだ。そこに約6000万人(日本の約半分)が暮らしている。タイでは、マッサージがいかにポピュラーなものであるかがわかる。マッサージの身近さは、日本人の感覚とはずいぶんと違う。
 2003年10月に開催されたAPEC首脳会議では、世界の閣僚たちがタイマッサージでもてなされたことが日本のニュースでも報道された。タイは国をあげて、自国の伝統文化を世界に広めようとしている。
最近では、世界的に温浴施設が注目を浴びている。世界中が癒しを求めているのだ。世界の5つ星と評されるスパでも、タイマッサージは人気が高く、その中心的な役割を担っている。
 試しにヤフーで「thai massage」を検索すると、相当な数がヒットする。ヤフージャパンで402万件、ヤフーUSAで362万件、ドイツで371万件、イギリスアイルランドで365万件、フランスで370万件、イタリアで371万件、台湾で402万件、スペインで366万件、カナダで255万件、オーストラリア&ニュージーランドで359万件という有様だ。ヤフーチャイナで「泰式按摩」を検索すると169万件ヒットするし、ヤフージャパンで「タイマッサージ」を検索すると226万件がヒットする。もはやタイマッサージは世界中で市民権を得たといえよう。これは、一時のブームじゃないことは誰の目から見ても明白だろう。
 日本でも、温泉、健康ランド、スパなどがもてはやされている。そんな温浴施設においても、旧態依然とした日本のマッサージは、よく見かけるが、タイマッサージが入っているところはまだまだ少ない。日本全国を探しても、東京や大阪を中心とした首都圏以外には、まだまだタイマッサージが見つからない。ここにもビジネスの余地が残されているのだ。

二人で行なうヨーガ

 タイマッサージは、別名「二人で行なうヨーガ」 という異名を持つ。クライアントだけでなく、施術者本人の健康にも効果があるということである。アクロバティックなストレッチにも秘密があった。代替医療の中でも、多くの施術法では施術者の腰に負担がかかる。同じ姿勢で一定の方向性で圧を加えていくため、クライアントが椅子に腰掛けていたり、ベッドに横たわっていたりする場合、どうしてもそうなってしまう。ところが、マット一枚で行なうタイマッサージでは、施術者がいろいろな姿勢をとりながら施術を行なうことで施術者自身への負担が最小限に抑えられるわけだ。また、施術中にも、施術者本人がストレッチをしながら行なったり、自分自身のツボの位置にクライアントの身体の部位を押し当てたりすることで、実は施術者本人の健康にも効果がある。もうひとつは、瞑想法を伴った呼吸法による。圧迫では押す時にゆっくりと息を吐き、緩める時に息を吸う。 瞑想を伴った腹式呼吸で新しい酸素を取り入れながら、軽い運動をこなしているわけだ。つまり、タイマッサージは、受ける側だけでなく、それを行なう側の健康にも良い素晴らしい施術法なのである。リフレクソロジーや整体など、他のセラピーに従事していたプロの施術者がタイマッサージに転向してくるのは、こうした意味合いが大きいのかもしれない。

セラピストの健康にも効果あり

 タイマッサージはセラピストの健康面にも効果ありだ。施術中に腹式呼吸で全身運動をするだけでなく、自分自身も同時にストレッチを行うからだ。実際に、慢性的肩こりに悩まされていた人が、それほどでもないというレベルになったり、柔軟さや筋力のバランスが調整されたことで、左右の脚の長さが同じになったり、快便になったりという報告が多数ある。さらに、胸筋が鍛えられたことでバストアップした女性セラピストや10キロ以上の減量に成功した女性セラピストも実在する。いずれも、セラピストとして施術に励んだ結果である。

基礎代謝を高めてダイエット

 タイマッサージにはダイエット効果もある。タイマッサージにより自律神経が活発に機能すると基礎代謝もアップする。基礎代謝とは、生きていくために最低限必要なエネルギーのこと。基礎代謝(BM=basal metabolism)」とは、体を横たえてまったく体を動かしていなくても、呼吸をする、心臓を動かす、体温を保つなどさまざまな生命活動のために常に使っているエネルギーのこと。つまり、「生きていくために最低限必要な最小のエネルギー」のことで、肉体的・精神的に安静であるときに、呼吸器・循環器系や神経系、肝臓や腎臓などの臓器がわずかに活動している状態と考えられている。通常、1日の総消費エネルギー量のうち、基礎代謝量は約70パーセントを占めている。
 一般に筋肉量が多く、基礎代謝が高い人ほど太りにくい傾向にある。同じ体重でも脂肪率が低く、基礎代謝が高い人は、フル活動中の工場のようなもの。たくさん食べても、どんどんエネルギーが消費され、脂肪が蓄積しにくい状態である。逆に基礎代謝が低い人は、燃料をあまり使わない工場のようなもの。エネルギーをなかなか消費できないため、余ったエネルギーが脂肪として体内にため込まれ、太りやすい状態になる。
 運動をせずに食事の量を減らすだけのダイエットを行うと筋肉量が減り、基礎代謝がぐんと低くなってしまう。その結果、体重がなかなか減らない「停滞期」を迎えることになる。この時期、ダイエットに挫折するケースが多くあり、反動で過剰なエネルギーを摂ると以前よりもさらに太り、体脂肪を増やしてしまう結果に陥りやすいもの。これをリバウンドという。一方、適度な運動によって筋肉量を増やして基礎代謝を高めるダイエット法の場合、たくさん食べても太りにくい体になるため、無理な食事制限をしなくても効率よく減量でき、健康の維持にもつながる。つまり基礎代謝が上がれば、ダイエットにもつながるということだ。事実、タイマッサージを受けてダイエットに成功した例も多い。 私自身が実際に行ったタイマッサージを用いたダイエット研究では、およそ9割以上の参加者が減量に成功した。

ストレス性疾患にすごい効果

胃潰瘍、潰瘍性大腸炎、過敏性大腸炎、うつ病、自律神経失調症、インポテンツ、更年期障害、偏頭痛、不眠症、円形脱毛症、ガンなどは、ストレスが原因で発症する病気、ストレス性疾患と言われている。近年問題となっている病気の発症には、ストレスが大きく影響していることがわかってきた。それだけひどい世の中なのか、現代人が弱いのかわからないが、どちらにせよ、多発している病だ。
医者から「ストレスを貯めないようにしろ」といわれたところで、普通に生活していれば、たまるのが普通だ。ストレスが全くない人間もいないだろうし、ストレスがあるのは当たり前だ。ましてやある程度のストレスが人を向上させるものでもある。ストレスが溜まりすぎると人は弱る。精神的にももろくなるし、同時に身体も弱る。免疫機能が低下し、抵抗力がなくなり、病の温床となる。ストレスを発散する方法は人それぞれだが、タイ古式マッサージはいい。ストレスを取り除く効果も認められている。クイックマッサージなどで部分的に凝った箇所だけをマッサージしてもらうと、そこが楽になった分だけ、他の箇所が辛く感じたりするものだが、タイマッサージは全身の血流を促してくれるので、とてもすっきりとした印象が続く。直後から元気になった感じがする。受けてみればわかる。少なくとも悪いという感想は聞いたことがない。
タイ本国では「タイ医学」という扱いで、タイ古式マッサージの効能を衛生省が掲げている。高血圧、冷え性、便秘、アレルギー、頭痛、糖尿病、生理不順、風邪の予防、低血圧、食欲不振、ぜんそく、貧血など、60種類以上にも及ぶ。不眠症やヒステリー、イライラの解放は、まさにストレスの解消である。
20世紀は西洋医学が世界的に伸長した時代。患部を見つけ、切った、貼った、という具合に修復する。まるで、部品の交換をするような考え方の上に成り立った治療法だが、こうした治療法が世界の医療を引っ張ってきた。車や機械ならまだしも、こうした治療法のマイナス面も問われる時代になってきた。たとえば、ガンになれば、抗がん剤を投与するのが一般的だが、抗がん剤はがん細胞だけを攻撃するのでなく、普通の正常な細胞も攻撃をする。手術をして冒された箇所を取り除いたとしても、人間の身体は、どこかに外傷があるだけで、本来の自然治癒力が減退する。つまり、その間に残っていたがん細胞の増殖を抑えることができない。だから、がんで手術をした人は数ヵ月後に再度手術を受けることになる。こんなことを繰り返すうちに弱って死んでしまうのが、がん患者の大半ではないだろうか?
そこで注目されたのが、免疫力を向上させようという考え方だ。もともと人間の身体には、免疫機能というものがある。今のところ、がん細胞は正常細胞の突然変異だということになっているから、免疫機能が活発に働いていれば突然変異の細胞を自然に治しているはずなのである。まるでインターネットのウィルス撃退ソフトに似ている。笑うこと、気に入った音楽を聴くこと、楽しく過ごすことなどで人間の免疫機能は活発になる。東洋医学では、「気」というものがある。インド医学・アーユルヴェーダでは「プラーナ」という。生命体のエネルギーのことだ。東洋医学は、生命体のエネルギーを調整するというなんともよく分からならい、うさんくさいような治療法だが、最近では、このエネルギーが科学で解明されるようになってきた。もはやそれはうさんくさい治療法では無くなったのだ。
水の入ったコップを2つ用意して、ひとつには「バカ野郎!こんちきしょう!」と呼びかける。もうひとつには「きれいだね。素敵だね。」と呼びかける。顕微鏡で覗くと、水の分子構造が異なっている。というのは、有名な話である。
 人間は太古の昔、神や悪魔の存在を信じていた。たとえば、「悪魔の谷には行くな。あそこの谷に行って帰ってきた者はいない。」こんな言い伝えがあったとしよう。現代人の私たちは、「そんな馬鹿な?」と思う。だが実際にそうだったのだとすれば、それは、ひょっとしてウィルスだったのかもしれない。現代的に言い換えれば、「ウィルスの谷には行くな。あそこの谷に行って帰ってきた者はいない。」となる。目に見えないものの存在を信じない人は多い。科学で解明されれば納得するものだ。このように東洋医学の「気」という考え方も科学で解明されてきた。

2007年に団塊の世代が定年を迎える

 団塊の世代とは、1947年から1949年に生まれた世代のことで、この年に定年を迎える方たちがたくさんいる。「2007年問題」と称され、労働力の減少が懸念されるという社会問題にもなっている。
2010年には、60歳以上の高齢者が日本の人口の20%を超える。つまり、5人にひとりが高齢者という計算になる。さらに2043年までは65歳以上の人口は増え続ける。2005年3月に実施された内閣府のアンケート調査では、消費者本人に対して、「今後、積極的にお金を使いたい分野」について質問している。これによると、50歳代や60歳以上の高齢者は旅行や健康・医療、介護等への選好が強いことがわかった。また、日本は平均寿命が82歳で世界一の長寿命国である。ということは、今から30年間は、シルバー市場が急拡大する。この世代が大きなビジネスマーケットになることは明白である。政治においても、医療費を高齢者自身が負担するようになった今日、高齢者の意識は、予防医学や代替医療に向かっている。

あんまマッサージ指圧師・国家資格の歴史

そもそも、現在のあんまマッサージ指圧師が国家資格となった歴史も思ったより浅い。それは、1993年2月のことで、2005年4月現在の累計合格者数は、2万3726人である。参考までに、紹介しておこう。あんまマッサージ指圧師とは、手や指、器具などを用いて身体の各部を押したり揉むなどして、こりをとったり血行を良くする仕事。都道府県知事による認定資格から、93年に国家資格となった。資格取得には、高校を卒業後、国が指定した学校か養成施設で、3年以上必要な専門知識や技能を修得しなければならない。資格取得後は、独立開業の道も開けているが、まずは治療院などに勤務して経験を積むことが先決だろう。はり師、きゅう師の資格とともに東洋医学のなかでは知名度も高いので、自分の腕を磨いて独立すれば高収入も期待できる資格である。受験資格は、大学受験資格があり、指定の学校または養成施設で、必要な知識および技能を修得していることなどで、受験資格にあるあん摩マッサージ指圧師養成の学校や養成施設で学ぶのが一般的。取得期間の目安は、国が定める学校や養成施設で3年以上、正規の課程を修学することが必要。試験は、年に1回各都道府県で実施される。2005年のデータによると、受験者数2055人、合格者数1750人。合格率は85,2%である。

国家資格を持たなくても営業できる!

リラクゼーションサロンは、国家資格を持たなくても営業が可能。あんまマッサージ指圧師や柔道整復士など、日本の国家資格を保有することで、「診断」→「治療」という医療疑似行為(マッサージ業)ができるようになる。逆に考えれば、「癒し」を提供するのみで「診断」や「治療」を行わないなら、国家資格はい要らない。もちろん、営業内容はマッサージ業ではなく、接客サービス業という扱いだが、整体やカイロプラクティック、リフレクソロジー、アロママッサージなども、民間資格のリラクゼーション業界に入る。みんなそれで立派にやっている。 保健所などに問い合わせをしてみても、明確な答えは返ってこない。民間資格は、管轄外だとの理由からだ。実際に問い合わせをしてみると、こんな会話になることがしばしば。「タイマッサージのサロンを開業しようと思っているのですが。」と聞くと、「マッサージですか。国家資格をお持ちでないとマッサージの治療院は営めません。」と返ってくる。それでは、「マッサージ業でなく、あくまでリラクゼーションを目的としたサロンなのですが、国家資格でないので、サロンを開業できないのですか?」と質問すると、「こちらでは管轄外になりますので、わかりません。」という答えになる。
このリラクゼーション業界は「グレーゾーン」とも呼ばれている。その理由はこのあいまいさにある。現在の法律では、白でもなければ黒でもない、そうした中途半端な扱いなのだ。しかし、需要に支えられて急速に加速するリラクゼーション業界、ほとんどのサロンは届出しないまま営業をしているのが実情。もしも、将来的に法改正があったとしても、そこには「既得権」というものが存在する。すでにそれで生計を立てている人が全国に数万人もいるのだから、国もそう簡単に営業権を奪うことはできない。もしもそんなことがあれば、経済的な混乱や暴動をも招きかねない。

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM